恋愛は面倒だからセフレとの関係を持つというのは、果たして本当か?

男女関係というものについては、人それぞれいろいろな考え方があって、度の考え方が正しいというような子とは一概には言えないと思いますが、少なくとも私は、最近になって特に、若い女性の間で「セフレとの関係を持つことに抵抗を感じなくなっている人が増えている」と感じています。

男らしくとか女らしくとか、ちょっとそういう考え方が古いというか、セックスしたいのにそれを我慢して低層観念を貫くことに、果たしてどれだけのメリットがあるのだと考えてしまう女性が増えたことが原因だと思います。

昔は、親が決めた相手としか結婚してはいけないといわれる子も多くて、もし親が選んだ相手意外と結婚前に体の関係を持ってしまえば、それが原因で感動されたりという話もあったそうです。若い女の子を感動すれば、絶対に後から親のほうが心配になりそうなものですが……

それを考えれば、今の時代に若い子たちが持つ恋愛観みたいなものは、ずいぶんと変わったと思います。どういうふうに変わったかといえば、具体的に緩くなったのです。緩い低層観念に、女の子自身がまだまだ抵抗を感じるという場合も多いのですが、実際、出会い系サイトを利用して出会いを求める若い子も増えましたし、むしろ出会い系サイトを利用するのは若い子ばっかりというイメージがあるので、例えばどれほどの優良サイトであっても、ある程度年齢を重ねた人妻が、ああいうサイトは利用しづらいと感じてしまうというような話も聞いたことがあります。

どうして、昔に比べてセフレという関係に抵抗を感じなくなった女性が増えたのか、それはやはり、結婚観の変化というのが大きな原因の一つだと思います。一昔前は、結婚するのが女にとっての幸せだとか、人生の中でも大きな目標の一つというふうに言われたりしました。

もちろん男性の中にも、結婚というイベントを人生の一大事として捉える人はたくさんいたでしょうが、どちらかというと男性よりも女性のほうが、結婚という出来事を大きくとらえる可能性が高いと思います。実際に、結婚式は女が主役だなんて言ったりしますしね。

でも最近では、結婚をすることがかならずしも自分にとっての幸せとはなりえないのではないか、と考える女性が増えたのも事実です。この背景には、やはり女性の社会進出という問題が大きく関係していると思います。一昔前なら、女は家庭を守り、男は外で働いてお金を稼ぐというようなあり方が当然だとされていました。しかし今では、そういう考え方は少し古いのではないかと考える人が多いのです。

女性であっても、男性と同じくらい仕事ができる人(というより、男性以上にバリバリと仕事をこなす人)は多いですし、そういう人に限らず、かならずしも結婚して子供を育てることが自分にとっての幸せではないという人が増えています。だからこそ、日本では晩婚化が進み、少子高齢化の問題が非常に大きくなっているのです。結婚をすれば女はしあわせになれるとされてきた考え方が少しずつ否定されているわけですから。

結婚というものに魅力やメリットを感じる人が少なくなっても、人間の性欲というものがなくなるわけではありません。むしろ、性欲というものは男性よりも女性のほうが基本的には強く感じるものなのです。本能的にそうなっています。

それではなぜ、女性よりも男性のほうが一般的にはエッチに見えるのか、それは世の女性たちがほとんど維持のような状態になって、自分の性欲を押し殺しているからにほかなりません。女性たちが自分の性欲を押し殺しているのは、そうすることによって自分がいずれ幸せになれるという期待があるからです。

ぶっちゃけて言えば、処女を守っていれば素敵な男性との出会いが増えるというのは、確かに間違いなく言えることかもしれません。しかし、しょじょをまもりとおすということにいみがあるのは、あくまで結婚というものを強く望んでいる女性にとっての話です。別に結婚願望もないし、子供も欲しくないという女性にとっては、わざわざ寂しい思いをしてまで性欲を押し殺すメリットなどありません。

そういうふうに考えていくと、やせ我慢をする意味がほとんどなくなったということで、出会い系アプリなどを利用してセフレの募集を抵抗なく行う女性が増えたというのは、なんとなくうなづける話だと思います。要は、出会いアプリなどを利用してセフレを募集する女性たちというのは、恋愛をするのは面倒くさいけれども、性欲は人並み以上にあるから、いろいろと我慢ができないということなんでしょうね。

すぐに会いたいなら【せふれハウスがオススメ!】